徒然独言
日々思ったこと、感じたことを、思うがままに書き留めてみよう。
動画はこちら
≪04月   2007年05月   06月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔の映画
時々ふと昔の映画が見てみたくなることがある。

今日は突然名作「マトリックス」を見たくなった。
この映画はまさに映画の革命ともいえる名作中の名作!
その斬新な映像は今もいろんな映画でパクられまくっている。

さて、このマトリックス、どんな映画かっちゅーのは見たことある人が多いから説明は要らないと思うが、なぜあんな時代背景なのか?

人が高度に成長しまくって発達しすぎたコンピューターやロボットを作ってしまい、ロボット(コンピュータ)が人格を主張してきた。
が、人間はこれを認めない。
そんなわけで人間vsロボットの戦争が始まる。
ロボットのエネルギーは太陽光線。ソーラーパワーだ。
圧倒的ロボット有利に進んだ戦争の最中、追い詰められた人間は最終手段にでる。エネルギーを止めてしまおうと、日の光が入らぬよう、空を取り除くことができないケムリで覆ってしまう。これが現実世界が荒れまくっている理由。
怒り狂ったロボットたちは人間の大部分を殺した。だが問題はエネルギー。いったいどうするのか?
それは捕らえた人間を「飼育」することにより得ることとなった。
人口的に人間を繁殖し、巨大な施設で赤ちゃんから大人になり死ぬまで飼育する。
人間の中には微弱な電気が流れており、脊髄にぶっといケーブルをぶちこんで死ぬまでエネルギーを供給させる。
死んだ人間は新たに生まれる人間の栄養分として分解され、それが無限にループする。
飼育されている人間はコンピュータにより「仮想現実世界」を見せられ生きることになる。つまりは非常に現実的な夢を見せることによりあたかも自分が生きていると思わせているのだ。
その異変に気づいて仮想現実の世界「マトリックス」から解き放たれたのが主人公のネオだ。
まー そのネオがマトリックスの中で戦っているのが「エージェント」。れっきとしたコンピュータ用語。
場合に応じて一連の作業を自動的にするソフトウェアシステムのこと。
仮想現実に入ってきたネオ達を排除するようにプログラムされてたんだねー。

いやー 語るとアツいぜ!マトリックス!
見たことない人は是非どうぞ
1,2,3まであるからいい暇つぶしなるよーー

どうでもよいが、モーフィアスの歯並びめっちゃ悪いよね

マトリックス
[マトリックス][ネオ]
マトリックス
by daigorou6
スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。