徒然独言
日々思ったこと、感じたことを、思うがままに書き留めてみよう。
動画はこちら
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソーラー
もう8月です。
あといくつ寝ると雪が降る?


唐突ですが、自宅に太陽光発電をとりつけようと検討中です。
去年の大地震以降、ずっと考えてきたことをようやく実行中です。

こんな話すると「金もってるよなー」とか「力あるよなー」とか言われます。

そういう話される、ということは太陽光発電の取り付け=高額というイメージがあるからだと思います。
確かに高いは高いけど。

金額だけの話をするとどれくらいの負担になってどれくらいで元が取れるか、という話をすると、概算で

太陽電池容量4.68kwで込み込み240万ほどを15年ローン、金利2.8%、ボーナス払いなしで以下の通り。
売電や日中の使用電気が少なくなることにより、年間平均で月1万6千弱ほどのプラス。ローンが1万7千円弱くらい。
差額で月々1000円弱という計算です。
ちなみに1kwあたり北海道だと安くて税別、工事費抜きで49万くらい。
この見積もりは工事費込で50.2万なのでだいぶ安いです。
内地だともっと安いところもあるんでしょうが、北海道は仕方がない。

相殺金額は、これぐらいは最低発電するであろうという発電量で計算しています。
なので、うまくいけばほぼゼロであったりすることもありえます。

月々1000円しない金額で取りつけられる、って考えたらそんな大した負担じゃないことがわかります。


見積りでは17年目でプラマイゼロになります。25年目になると110万ほどのプラスになります。
これは10年経ったら必ず取り変える部品や15年ほどの寿命の部品代をいれての計算です。

「でも、別に10年くらい経てば今よりいいものが出来て、安くできるんだろうから後でいいんでない?今つけなくてもいいしょ。」

そういう人もいると思います。
おれが思うに、そう言う人は死ぬまでつけないと思います。

別に取りつけないから損をする、とか言ってるわけではありません。
原発は怖いから反対だ なんて言っているわりに節電の意識すら持っていない人とかもいると思います。
そのわりに電気代の値上げ反対、とかね。
ヘソで茶ァー沸かします。
こんな時代だから自分でやれそうなことはやりたいと思います。


我が家はドリーム8で、昼間使用している電気代が高いわけです。
夜間が8円に対し、日中は21円~30円。
これをとりつけることによって昼間使用する電気代が下がるっていうメリットもあります。
日が暮れるまでは自家発電だからね。

昼間家にいないんだけど、っていう人は売る電気が増えるだけなんでよりいいんじゃないですかね。
使用電気状況がわかるモニターもつき、節電に対する姿勢がより変わる、というのもメリットの一つだと思います。

あと大事なポイントはコレ、売電と書いて「ばいでん」。
日中作った電気で、使用しない分を北電に売るシステムですが、これが現在は1kwあたり42円。
もしとりつけたら最低でも年間5000kwほどの発電を見込める形となったので、全部売ったら年間21万です。全部売る、なんてありえないけど。


この売電も、本来今年から36円になる予定が、暫定的に42円にキープされました。
今年つけたら42円を10年売り続けることが出来ます。

だから来年になって36円になってしまったら10年36円で売ることに。

ちなみに10年後には日中買っている電気代と同じ金額になると予想されています。
昔がそうだったしね。

あとは国の補助金。
今はでていますが、だんだん金額が減っています。
いつかはゼロになるかと。
自分は14万くらい受けられそうです。

札幌市は今は太陽光発電補助金ありますが抽選。
7割くらいの確率であたるけど、上限12万。
それらが当たればより一層ローン金額を減らすことができる。
いきなりプラスっていうのもありえる。

太陽光発電をとりつけることによるデメリットと言えば、見た目がゴツイとか、風切り音がするようになる、くらいしかないと思います。
つけることによるメリットのほうが大きいとおれは考えます。
余談ですが、ローンの会社によっては金額の0.5%、つまりは1万2千円分Tポイントもらえちゃいます(笑)

金額的なメリットだけでなく、非常時や原発に頼らない発電の促進、節電せざるを得ない状況で世間に対し微力ながらの協力等も考えてのことです。
初期費用が高い=月々の支払が高いという図式が成り立たないのが太陽光発電。

持家の人は一度は考えてみるのもありかと。


予想外なことが一つ。

停電になっても発電しているから普通に電気使えると思ったら大間違い。
蓄電しているわけではないので、そういう使い方はできないらしい。
発電した電気全部を売るか、
スイッチを切り替えて、と、あるところにコンセントさして電気を使う、という仕組み。
甘かった(笑)
蓄電できるバッテリー、半日~1日くらいもつヤツもありますが、安いやつでも200万以上するらしい(爆)
スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。