徒然独言
日々思ったこと、感じたことを、思うがままに書き留めてみよう。
動画はこちら
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベイマックスをみた
一人じゃぁなぁいからぁ~ 
キミがわたしをま~もぉ~る~からぁ~

と、いうCMでおなじみのベイマックスです。

さあ ネタばれる覚悟はできてるか?
おれはできてる。

少年の心の傷を、亡くなった兄が残したロボットが癒してくれるハートフルストーリー

・・・

かと思いきや、全然違いました( ゚∀゚)・∵ガハッ

いやー CMってダマしてくれるよね~

そもそも原作国では「BIG HERO6」というマンガ、そしてアニメが元。
↓BIG HIRO6
bhcollage22_R.jpg

そう、と、いうわけでこの映画はヒーロー物なのです。
しかも調べてみると、原作は全員日本人、場所も日本。
キャラチェンジしまくってますが、劇中の街づくりは日本風でおもしろいです。

↓アメリカでのポスター
b04b87ca1e15ab53830e445a010603d4.png

↓日本でのポスター
31eb5c0181f8f98ca165be2c70995acb.png

CMとはぜんっぜん違うけど、
笑えるし、ラストでは泣ける(予想通りの展開だけど)シーンもあり誰もが楽しめるつくりになってます。
雪華は夢中になってみてました。

「騙される」覚悟でレンタルしないといけない一本ですね~

おっと 全然ネタばれてない(笑)
まあネタばれもなんもない映画なんだけどね。
スポンサーサイト
映画レビュー⑧
気づけば映画レビューもなんと8回目。
描きたい放題なこと書いてるな~ なんて思います。

映画 つってもだいたい借りてきたものが多いけど、今回は観てきましたよ~5/31に。

オブリビオン

Tom_Cruise-Oblivion-Poster_R.jpg

主演トム様。モーガンフリーマンも出てる

時は2077年。宇宙人に地球は侵略され、戦争には勝ったが核兵器を使用したことにより地球は人が住めない環境に。人類は宇宙ステーション、もしくは土星近くのタイタンとかいうところで新たな生活を始める予定であった。
荒廃した地球では水(海水ね)を採取する作業を行っており、それを監視するのがトム様と相棒の女性だ。
つまり地球上にはトムと相棒しかいない。
遭難した宇宙船が地球へいきなり落ちてきてそこから物語は動き始める。

っちゅー感じ。

ヤフーの映画レビュー読むと、
やれ話が理解できない とか
やれありきたりで先読みできる とか
まったりしていて寝てしまった とか

ウソでしょ?

あのストーリーを理解できないなんて、
脳ミソたりなかったのとちがうのォーッ
って言いたくなるぜ。

ありきたりといえばそうだが、特にラスト。
だが、そのストーリーも「そーいうもんなんだ~」と見ていれば見逃せないシーンばかりだし映像も本物なんだかCGなんだかわからんほどよく出来ている。
面白かったですよ。
評価がイマイチなのがよくわからん。

ともあれ、トム様のタフっぷりに注目して是非みてほしいです。
なぜそんなにタフなんだ?
脳ミソがクソになっているのか?
と聞きたくなるほどのタフさです。



機動戦士ガンダムユニコーン episode5

ガンダ~1

泣ける!
ジンネマンの中の人の演技に泣けます。
この映画はほんとよく話がでてきていますよね。
過去最高のガンダム作品なんじゃないの?っちゅーくらいに最高。

悩み苦しんだバナージが気持ちを固めるところまで。
次で最終話かな~
最後は映画館で観たいね!
ありがとう、たが君。

96時間リベンジ

0769cb3283af835b093f762e6028295f_R.jpg

怒れる(イカれてる?(笑))お父さんの2作目。

うーん

1作目のほうがスピード感からお父さんの活躍っぷりまで全部が見ごたえあったなー

ストーリーは、って、あれ?おれ1作目のレビュー書いてない。。。
なんてこった。

簡単にいえば1作目も2作目も
元腕利きのCIAだったお父さんが娘やら前妻やら拉致されてキレる話です。
おわり



トワイライト ブレイキング・ドーン2

3e62c931de58b2ce69f9e060b15af321.jpg

長かったトワイライトシリーズもついに決着ゥゥッ!!
これで6作目?7作目?

このシリーズで初志貫徹していることはッ!

「そのシーンそんな長く必要?」

ってシーンが必ず何か所かあることッ!

さあ前作までのブレイキング・ドーンを振り返ってみよう。

ついに結婚したドラキュラ男110歳(見た目の設定は17歳。しかし外人の17歳とはありえないくらいオッサンなのでおれはずっと17とは思っていなかったw)と根暗な人間の女17歳。
激しいエッチの末、妊娠。
だが、人間とヴァンパイアの子供というのは稀なことで大事件だ。
異常なスピードで育つ赤ちゃん。
その育成っぷりはまるで映画「蠅男」。
衰弱しきった状態で出産し、女死亡。
が!フケ顔のヴァンパイアが急いで吸血鬼可に成功!
女は立ち上がり、右人差し指でコメカミをグリグリやりつつ、
「フハハハハ!最高にハイってやつだアアアアハハハハ!」
と叫ぶ。

~そして今作へ続く~

↓最高にハイってやつだ
52ff699ad7.jpg


うーむ。思ったより文が長くなってしまたアルね。

どーでもいいけど、中国人が出てくるマンガって痛い時とか驚いた時に
「アイヤー」
って言うじゃないですか。
アレってマンガだけの話かと思ってたんですよ。

そしたら。
いつぞやルスツで滑ったあとに休憩所で休んでいた時。
中国人男性が頭を電灯にぶつけたら、その奥さんが

「アイヤー」

って言いました(マジで)
それだけです。

というわけでトワイライト。
今作もそんなシーンでダラつくところもあるけど、最後はお得意の怒涛のアクションラッシュ。
主人公のメンズも相変わらず憂いてる顔ナイスです。
うまくまとまったんじゃないですかね~

今までむくわれなかった狼男君もハッピーエンドになるような雰囲気が。

そんわけで他にも書きたいものあったけど、いつもどおり話が長くなったのでこれにて終了。
いやー 映画ってほんっとにいいものですね!

ではまた来週~

あ 
明日土でまくりの中山峠で滑りおさめしてきます!


過去のレビュー→過去レビュー


映画レビュー⑦
ここ最近みた映画のレビューです。

今回は最近話題の2作!

トランスフォーマー ダークサイドムーン(3D)

transformers3_large_large.jpg

ジャンル・メカ大好きアクション

アバター以来「あーこりゃ3Dだ!」っていう作品でした。
特に最初の宇宙での戦闘。
まるで自分が宇宙にただよっているよう。
モビルスーツのパイロットはあんな感じなのかな、なんてアホなこと思ったり、これでスターウォーズ エピソード3を見れたら!なんて妄想が膨らむ冒頭。
アポロ計画をあのシナリオにはめこむなんて発想が面白い。

シネマ11の一番でかいスクリーンだったせいもあるけど、ほんとふわふわしてた(笑)
このスクリーンの3Dまじやばいっすよ。
メガネからして専用だし、始まる前のカウントダウンからしてやばい(笑)


ストーリーは

善のトランスフォーマー、オートボット集団の総司令、オプティマス。
彼の故郷サイバトロンが滅んだ時の秘密を人間が隠していたことが発覚。
秘密を手掛かりに前総司令を復活させることに成功したオプティマス。
いい方向へ導いてくれるかと思ったその前総司令は・・・

映像がほんとすばらしく、テンポもいい。3時間なんてあっという間。
相変わらず人間の主人公たちは当然死なないし、まして怪我もしない(笑)
オートボットの戦闘シーンもド迫力だが、人が飛ぶシーンもすごい。
飛ぶっていってもほんとに飛ぶんです。パラシュートとかじゃないよ。
ムササビ!
外人ってほんとあんなことやってそうだね~

内容にいろいろツッコミどこあるけど、映像がすごすぎて大満足です。

シネマ11のあの一番でかいスクリーンで見られるのも9月30日まで!
ただし、夜22時から終了は1時(笑)
なんかどっかで見たことあるような敵が出てきたりするけど、それはそれでおもしろい。


アバターのあのジェームズ・キャメロンが送る新作

サンクタム

ジャンル・冒険とパニックと脱出と

img_1496038_60866114_0.jpg

アバターが3Dの火付け役だったので、これもそんな3Dが楽しめるかと思ったけどそこまでではない。
監督がキャメロンじゃないからかな。

ただ、3Dというと「飛び出してくるんでしょ」っていう思い込んでる人が多い。
おれも実際見るまではそう思ってました。
が、実際一番3Dを感じのは、映像に奥行きがでるっていうシーン。
単純だけど 何が手前で何が奥か。
それをまるで自分が本当に見ているように見える。
人が、ロボットがまるでそこで本当に目の前で動いているように見える。


で、この作品は3Dのみしかない。そういう奥行きがある映像は確かに楽しめた。
んだけど・・・

いまさらこんなベタな話を作るとは( ゚∀゚)・∵ガハッ

ストーリーは

前人未到の洞窟がある。
その洞窟は海に続いている。
続いている水路を発見することをまかされた主人公の父。
どうしても発見して自分の名前をつけたいスポンサー。
嵐が近付いているため探索を急ぐが、運悪く嵐が早めに到来!
しかも嵐っちゅーよりサイクロン!
どんどん水かさが増し、洞窟から出られなくなった主人公ご一行は最終手段である水路から海に出るルートを探すため潜るのであった。

このあらすじ読めばもうエンディングも見えてくる?
実話をもとにした話らしいですが、もうこの手の映画ってやりつくしている感あります。

っていう作品で、ディセントのように洞窟の暗さもあまりうまく使えていない。
ジャンルが違うから当然といえば当然だが。

痛々しい描写が何度か出てくるのでそういうのが嫌いな人はやめといたほうが。
ほんとなんていうか こう ベタすぎて心に残るものがイマイチない作品で、あまり人に勧められない。。。
パニック脱出ものならポセイドン、洞窟ものならディセントがオススメです。


いや~ 映画ってほんっっっっと楽しいものですね
では また来週~

映画レビュー その6
まあまあ国際動画はちょっと置いといて映画レビューです。

なんで今?って感じもするけど、時々急にこういうのを書きたくなる時があるんです。
映画、といってもレンタルDVD、ブルーレイも含み。
ここ何か月間かの間で見たやつ。

ナルニア王国物語 3作目(3D)
o0400056011118464884.jpg

ファンタジーアクション
3Dといってもななめ回転のことじゃなくて、画面から飛び出て見えるようなアレです。
3作で完結するのか、いやしないのか。
売れ行きがよければ4作目もありえそうな終わり方。
今までの中で一番地味な盛り上がり(笑)
そして3Dらしさを全く感じない。

ちなみにマックで「ダブルコーク」お願いします、って言ったらどうなると思います?

正解は

「コーラお二つですね?」
と聞き返される、でした~
どなたか「ダブルマック(ツイスト)お願いします」
と注文してみてください。

予想は「はい??」と聞き返される(笑)
来年あたりには「トリプルコークお願いします」という言葉も出てきそうだね。

というわけで続き。無駄話がなげぇーーー。
今回は一番下の女の子と次男坊、そして初登場、その従妹の子供が主人公。
3人がナルニアの世界に入り込み、前作の主人公であるカスピアンの王子様と海洋冒険がメイン。
相変わらずスーザンが美しい人、という扱いに疑問を感じること間違いなしだ。
↓スーザン。外人ってこういうのが美人なんですか?ありえないエラなんですが。アゴの骨めっちゃ見えてるよ。
susan1.jpg


最後にはちょっとウルっとくるシーンも。むしろおれは泣いた。
3Dメガネが涙で曇って見えない!
・・・
言いすぎですかね。
3人の子供のうち、一番の成長株は従妹の子供だろう。
ダイの大冒険で言ったらポップくらいの成長だ。
その働きっぷりはまさしくメガンテを放つポップそのものだ。
それが一番の見どころであって、そして従妹の子とネズミの騎士との友情が一番心に残った。
ナルニアの世界に来るには年齢制限があり、今作で4兄弟全てが限界の年齢に達してしまった。
もし4作目があるとするならば、まさかまさかの従妹メインかカスピアンの王子か。
可もなく不可もなくの映画だったねー
やっぱナルニアは1作目が一番ファンタジーだったと思う。
アスランにもふもふしたいって人には残念だが、ラストにちょっとしか出てこない。
、、、のくせに、ポスターでは一番顔がでかい。

ツーリスト
img6c03b6c6zik3zj.jpg

御覧の通りアンジェリーナとジョニー・デップが出ている作品。
この二人が出ていなかったら見なかったであろう作品。
内容も二人の演技がいいが、ストーリーがすさまじくベタ!
開始10分ほどで終わりまで見えてしまうような内容。
特筆すべき点ナシですな。
って、ストーリーを全く書いてない( ゚∀゚)・∵ガハッ
まあいっか。

スプライス
20110108215809d91.jpg

サイエンスホラー
いろんな動物と人間のDNAを組み合わせてひとつの生命体を作った天才科学者カップルの話。
男は危険だから処分しようというが、女は奇跡の産物だから育てるという。
エイリアンっぽいものからちょっとずつ人間的な生命体に成長していく。
男は殺そうと水槽に沈めるが、なんとエラ呼吸可能!こーりゃまいった。魚人かよ。
さらにマイティボンジャックもびっくりの跳躍力!
挙句、背中から翼が生えるという、エイジャの赤石で究極生物と化したカーズのような完璧っぷり。
そんな魅力的に育った生命体に男があってはならない行動を・・・
おぞぞぞぞ おぞましい。血迷うにもほどがあるぞ!
ここまでで話のだいたい3/4くらいだね。
ラストは「ザ フライ2」みたいに続いちゃうじゃない?っていう終わりだ。
2がでるのかねぇ。
途中で最後が見えるけど、まあ楽しめる。
ちなみに「ザ フライ」を知らない人はいないと思うが、ついでにレビューだ。

ザ フライ

imagefly.jpg

ホラー
ある男性科学者がテレポッドという物質移転装置を開発。
Aという入れ物からBという入れ物に動物を転送するっちゅー装置だ。
自ら転送しようとしたら、まいったことに蝿が一匹転送装置に混入!
イージーミス!
やっぱりね~ ミスってのはほんとだいたい小さいものから大きいものへと発展するもんなんですよ。

っていう話は\(・_\)置いといて (/_・)/、長くなるからね。
この装置は肉体を解体、そして移転先で再生するという装置。
ものの見事に蝿を取り込んでしまった主人公。
傷口から異常な毛が生えてくるわ、DIO様ばりに壁を垂直に登れるわ、腕相撲で相手の腕をへし折る等人間離れしていった。
人間離れしていったのは外見も。彼の子を妊娠した彼女が明らかに子供がウジっぽいので堕胎しようとするも阻止!
最後は完全にハエのなりそこないと化した彼は恋人に頭を撃ち抜かせ息絶えるのでった。
で、その子供が2の主人公。
名作だね。

アンストッパブル

unsto1.jpg

列車もの

デンゼルワシントンとクリス・パイン扮する電車の車掌さんが毒物と石油を積み込みまくった800mにもなる暴走する無人列車をなんとか止めようと奔走する、シンプルストーリー。
いかにも仕事できません、っていうアホな外人二人のせいで電車は暴走。
こんな部下がいたら間違いなく弱キック投げでハメ殺しだな。
予想外の暴走に慌てふためく指令室!
迫りくる危険が非常に臨場感たっぷりで手に汗握ること間違いなし!
デンゼルワシントンはほんといいね~
オススメです。
わかっちゃいるが、興奮する一本でした。

ベストキッド リメイク版

bestkid1.jpg

カンフーアクション

ストーリーは言うまでもないので割愛。

ベストキッドをなぞった別の映画って感じかなー
最後感動して涙した!っていう人もいたみたいだが、そこまで感動はしなかったが、別エンディングも収録されているので、是非そちらもチェックだ!
見どころはいろいろあっていいですよ。
別エンディングはジャッキーのアクションが炸裂している。
なかなかオススメな作品です。
まるでニュータイプに目覚めたかのような動きです。

機動戦士ガンダム ユニコーン 1巻、2巻
uc1.jpg

映画じゃないけど。ニュータイプつながりで。
正統な初代ガンダムからの最新続編。
DVD6本くらいで完結なので、ストーリーがちょっと急ぎ足。
だが、初代ガンダム、Z,ZZ、逆襲のシャアとみている人にはたまらん!
特にデストロイモードになったときのユニコーンときたら鳥肌もんだ。
時代は宇宙世紀96年。
ちなみに初代は79-80、Zは87年、ZZは88年、逆襲のシャアは93年です。
おれがニュータイプに目覚めるのはいつになるだろう(笑)

そんな感じでレビューでした。

いや~ 映画ってほんっっっっと楽しいものですね!
では また来週~
映画レビュー
さてー
こないだ見てきた映画や借りてきて見た映画のレビューを書きます。

このレビューを見て 「あ~ なんだか あの映画おもしろそうでついつい見ちゃったよbb」
っていう話を聞いたことがありません( ゚∀゚)・∵ガハッ
ってことはマイナスな話しか書いてなかったっけ?(笑)
気になる方はコチラをどうぞ→過去レビュー


ということで、映画レビューです。

パリより愛をこめて

1.jpg

モロにアクション映画です。
大使館で働いてるチェスの達人の男前がスパイ活動をがんばるぞー、って話です。
そんな彼に「と ある男の運転手をしろ」と秘密の命令が下されます。
と ある男とはトラボルタ演じる”ワックス”
めっちゃくちゃにテロ組織を壊滅に追い込んでいく、って流れ。


ガンアクションが多いので撃ち合いが苦手な人はダメでしょう。
トラボルタが え?スティーブン・セガール?っていうくらい強くて怪我しません。
オチが途中で読めちゃうけど、無駄なシーンがなくテンポもいいし、
ホラー映画かよ っていうほどの上手い見せ方してるシーンもあり、
そしてカーチェィスが迫力ある。
久しぶりに楽しい映画に出会った。
ともかくトラボルタがいい。かなーり太ったけど相変わらずかっこいいー
この監督、前の映画は「96時間」ってやつ。これもかなりおもしろいのでオススメだ。


hachi~約束の犬~ 

ヘーイ ハーチィ~ 
でおなじみの hachi です。
↓ちょうどそのシーン
ha.jpg

日本人なら誰でも知ってるであろう”忠犬ハチ公”のリメイク、
というよりは、ハチ公を筋にした新しい映画。

ヒューマンドラマ?とでもいうのかな。
犬だからドッグドラマ?

日本生まれの犬がなぜかアメリカに来て、
ひょんなことからリチャード・ギア演じる大学教授のパーカーに飼われます。
最初は家族も反対してたがパーカーのハチを愛する態度にほだされ飼うことを許しちゃいます。
パーカーを大好きなハチは毎日一緒に駅までパーカーを送りにいって、
帰ってくる時間には駅に向かえにいきます。
幸せそうに続いていた日々はパーカーが授業中に突然倒れることから変わります・・・

と、ともかく後半はなんっていうか、泣きっぱなしでした( ゚∀゚)・∵ガハッ
犬を飼ってる人なんかは相当やれると思います。
特に最後のあのシーン。
うさんくさいなー って思ってみてなかった映画だけど見てよかった!
まったりな午後に紅茶を飲みながら、っていう雰囲気です。(どんな雰囲気よ!)


push 光と闇の能力者

push.jpg

アクション、ってジャンルよりサスペンス色のほうがちょっと強い気がします。

粗筋は、う~ん、、第二世代と呼ばれる弱い念動力の持ち主の主人公。
そこに未来が見える能力を持った少女が。
少女は母を助けるために、主人公は捕らわれの身になっているっぽい彼女を助けるために奔走する。

。。。。

なんか違うな。。。
ま、いっか。

予告を見るとノリノリな超能力バトルか!って思ってみてみたら派手なシーンはあまりない。
展開もちょっとだらついてる気もするけど、ほんとはどっちだ?と思わせるところはサスペンス色がある。
ダコタ・ファニングが出てるんだけど相変わらず演技うまいなー
イマイチな評判っぽいけど、それはCMで派手なアクションを予想してたからであって、普通に見たら普通です。
主人公の超能力パンチが笑った(笑)
専門用語がどんどん出てくるが、
なんとなくわかるけどあまりそういった漫画や映画を見ない人にはイマイチはいりにくい世界かも。


イングロリアス・バスターズ

ing1.jpg

天下の奇才、クェンティ・タランティーノ監督の映画。
「つまんなかったら入場料返金します」という強気な映画だ。
キャストがぶらっど・ピットということだが内容は・・・

イマイチ( ゚∀゚)・∵ガハッ

いやー おもしろかったですか?この映画。
まずね~ タランティーノの映画は無駄話が長いのよね。
なんだろう?デス・プルーフのときもそうだったけど「え?その会話って意味あった?」ってのが多い。
いや、その無駄加減から突如突き放された現実離れした出来事を対照的に描く意味があるかもしれないが。
でもなんとなく最後まで見てしまう魅力も。
よくも悪くも「タランティーノ」って感じの映画でした。



うーむ だんだん感想がおざなりになってきてるぞ。
粗筋書くのもつらくなってきた感でてるな。
まずいな。あと一本くらいにしときます。
なんにしようかな・・・

うーん 
うーん
う~ん


そだ

アリス イン ワンダーランド 3D

これについてちょっと触れておこう。
↓世界もう、マトモではいられない・・・なのはオメーだwとツッコミたくなる。
arisu.jpg

赤の女王に支配された世界の救世主としてウサギが18だか20になったアリスをワンダーランドへ誘い、冒険活劇の末赤の女王を倒す、という流れ。


なにを描きたかったのか全く不明な作品。
どうせならノーマルなアリスをやったほうよかったんでない?
キャラクターも全くかわいげなく、アリスがなんで最終的に戦う気になったかも謎だし、ハッターの存在意義や回想シーンもなんだったのか。原作を読んでないおれとしては全てが意味不明。

カラスと書き物机はなぜ似てる?なんてことを延々しつこく言われたっておれの答えはいつでも
「知らねーよww」だ。

ちゅーかどのキャラもなんでそうなるの??っていうことがありすぎて全然映画の世界に浸れなかった。
おれ的には超駄作です。
3Dつっても全然たいしたことなく、全然2Dでもいいと思います。

ともかく全然納得いく作品じゃなかったがなぜか大人気。
謎ス
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。